クラロワ世界一決定戦1


思えばこの世界一決定戦は、あのチャレンジから始まった。


世界113ヶ国、約7000人が参加した20勝チャレンジ。いくらトロフィーが高くてもクリアすることが出来なかった人もたくさんいたほどの難しいチャレンジです。

そのチャレンジをクリアした者には挑戦資格が与えられ、予選を勝ち抜いた者の中から各国でプロチームが誕生しました。(ここだけシステムがちょっと自信ないw)そして始まったプロリーグ。

各リーグごとに分けられ、優勝したチームには世界への挑戦権が与えられます。アジア大会では、日本からも4チームが出場し、決勝では夢の日本対決になるなどして熱いバトルを繰り広げました。そんなアジア12チーム・中国8チーム・北米8チーム・ラテンアメリカ8チームのプロ達が一年をかけ争い手にした世界一決定戦への切符。


そのクラロワの世界一決定戦121日、幕張メッセで開催されました。

supercell初のクラロワ日本公式大会ということでチケット発表後、わずか2時間で完売!!

ホームである日本での開催ということで、プロ選手にとってもプレイヤーにとっても待ちに待った日となりました。

そして始まった世界一決定戦

今までは動画でしか見ることのなかった舞台が、幕張メッセに登場です!

その豪華な会場がこちら。

前説ではきおきおさんが登場しました。

会場に来ている人へのファンサービスを行っている様子。

クラロワグッズを投げていたww

盛り上げ上手なきおきおさん登場により、TwitterTLのあちこちで楽しそうな様子が伺えました。

その中でも私が特に気になったのが、あの有名クラン【シュテルンリッター】のリーダーでもあるtightさんの食レポ()

辛口ぃぃぃーww

ただ、実際に会場に行けなかった私からすれば、現地の様子がとてもよく伝わる写真ばかり。行かないとわからないものばかりで、見ていてとても楽しいww

クラロワプロチーム

世界一決定戦では計6チームが争い、クラロワ世界一を決めます。

7000人からの選ばれし者達でもある、出場チーム・選手達がこちら。

日本からはPONOS sportsが出場です。

PONOS sports 登場!

世界大会ということだけあってさぞ緊張しているのかと思えば、映し出された表情はとてもリラックスした様子でした。

さすがPONOS sports。数々の舞台を経験しただけあって楽しんでる余裕さえ見られます。

【世界一決定戦2】へ つづく








Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。