クラロワ世界一決定戦3

 


ここで躓く訳にはいかない、通過点にしか過ぎないんだ。


 

  • 世界一決定戦2の続きです。

 

SET1 game2の二勝目を喜んだのもつかの間。

その後、まさかのノーカウント判定が決まりました。

 

ラグだったのか機材トラブルだったのか。

詳しい事はわかりませんが、私達は見守ることしか出来ない状況が続きます。こういった空気はいい流れを変える可能性が大いにある。

 

連勝の空気のまま次の試合には望みたい!誰もがそう願っている中、ただ時間だけが過ぎていくのでした。

 

っと、ここでPONOS sportsがタイムアウト。

 

空気を入れ替え、再び二戦目がスタートしました。

 

戻ってきた選手達は至って冷静。

っというより、ノーカウント判定を受けた後ですら落ち着いている様子でした。試合ではこういった事も度々あるとはいえ、この気持ちの入れ替え・前しか見ない姿勢こそがさすがプロ!!

きっと選ばれし者とは、こういった所でその能力が大いに発揮されるのでしょう。

そして試合が始まりました。

 

SET1 game2

 

一体、誰が予想したしたのでしょうか。

 

game1ではWゴーレムだった相手に対し、今回の試合ではまさかのWロイジャイ・W巨スケが登場!!

タイムアウトはこういうことだったのか!!

会場大興奮の中、お相手はまさかのペッカデッキです。お互い勝利を譲る訳にはいきません。そして終盤、ディガー&呪文削りで自陣タワーが危ない!!

 

っとここで、2連続の読みディガー受け!!!

 

そこから反撃と言わんばかりに、大カウンターで見事PONOS sportsの二勝目が決まりました。

さすがPONOS sports!!

二連続ならぬ、三連続勝利!!

 

デッキ戦略、どんな事態になっても冷静に立ち向かう姿勢。

クラロワは、ただPSがあるだけでは勝てないということを背中で魅せてくれました。

 

そして大事なSET2へと移ります。

 

【世界一決定戦4】へ つづく








Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。